· 

お守り作成体験!

いつも三澤寺のHPをご覧いただきありがとうございます。

HPにもありますが當山でのお守りは機械でつくるものではなく、一つ一つ手作りで授与しております。

今回はそんなお守りの作成までの流れをブログ内で紹介したいと思います。

まず用意するものは

お守り袋

和紙(大礼紙)

墨(朱墨)

エーワン布プリ

 

となります。


まずはしっかりとなんのお守りが欲しいのかを確認します

 

交通安全なのに病気平癒ではいみがないですからね…!

 

次に住職が一生懸命和紙に内符を書きます(みせられないです!)

 

書き終わったら御宝前に安置して…

 

 

当日を待ちます!


いざ当日!

 

お越しいただいたら、まずは左の紙にお題目を三回書写していただきます※不要な方のものもあります。

 

この用紙もお守り袋の中に入れます

 

 

これで世界に一つだけのアナタのお守りが完成です!


つづいて今度はお守り袋にワンポイントを加えていきます。

 

今回はお宮詣りでしたので赤ちゃんの名前と、お寺の名前を印字させていただきました!

 

赤ちゃんの名前が瑠璃ちゃんですので文字の色も瑠璃色にして・・・

 

フォントもしっかりと確認してもらって・・・

 

他に何を付けたいかなどなど・・・

 

しっかり確認したあとに

 

 

 

エーワンさんの布プリ(アップリケ)で好きな文字(名前)やイラストをプリントし、それを袋に接着します。

 

するとどうでしょう!

 

外側の袋もオリジナルのお守りになります!

 

このあとお宮参りの赤ちゃんの発育増進を祈念してお守り、御札などを授与しておしまいとなりました。

 

赤ちゃんのお母さんには大変喜んでいただきました笑


画像の方のイラストは著作権などで見せられないのですがこの袋の裏側にこの方が好きなキャラクターが接着されております。

 

お守りに対して親しみや愛着が湧いたと好評をいただいております。

 

三澤寺ではこのようにお守りを作成しております。

既製品では…

何が入ってるかわからない

 

という方はぜひともお寺にお越しください