各種祈祷について


三澤寺では皆様が心から願う事を本堂、またはご自宅、会社にて祈念致します。

・家内安全

・身体健全

・当病平癒

・交通安全

・社運隆昌

・厄除けなどの様々な祈願

また、・生霊・死霊・野狐・疫神・呪詛(いきりょう・しりょう・やこ・やくじん・じゅそ)などの五段の邪気を日蓮宗木剣加持祈祷を用いて修法致します。

 

 

何をお願いしたらいいのかわからなければ遠慮なく申し付けください。

日蓮宗木剣加持祈祷とは


日蓮宗では千葉県市川市にあります中山法華経寺の中にある大荒行堂において11月1日から2月10日までの100日間極限まで命を削り行を修めます。

 

『自身 仏にならずして父母をだにも救い難し 況や他人をや』

 

他人を救う為には自身が仏になる覚悟が必要です。

そのために朝は3時から夜12時までに7回水を被り、その間は読経三昧の苦行、忍苦を貫きその中で人の為になる力が蓄積されます。

その修行の中で木剣加持祈祷が行えるようになるのです。

 

当山住職もこの荒行を終えており、その功徳は疑いがありません。

 

 

受けるにあたっての注意事項


日蓮聖人は遺されたお手紙の中で次のように仰っております。

『それにつけても法華経の行者は信心に退転なく身に詐心なく一切法華経にその身を任せば後生は申すに及ばず今生も息災延命にして勝妙の大果報を得て広宣流布の大願をも成就すべきなり』

 

御祈願は今生きている方のお悩み、またお願い事を成就するためのものではなく、あくまでもお題目によって心が健やかになった結果、気持ちが楽になり悩みや願い事が成就されるというものでございます。

 

僧侶がお経をあげたから大丈夫ではなく、受けられた皆様方の

 

『心から信じる気持ち』

 

『お題目を唱える気持ち』

 

『慢心せず引き続き精進する気持ち』

 

が何よりも大切でございます。