加持祈祷(祈願)とは


三澤寺では皆様が願う事を本堂、またはご自宅、会社にて祈祷致します。

・家内安全

・身体健全

・当病平癒

・交通安全

・社運隆昌

・恋愛成就

・子授け・安産祈願

・五黄殺、暗剣殺などの方災

・厄除け、厄払いなどの各種お祓い

・生霊・死霊・野狐・疫神・呪詛(いきりょう・しりょう・やこ・やくじん・じゅそ)などの五段の邪気

これらを日蓮宗木剣加持祈祷を用いてお祓い致します。

 

何をお願いしたらいいのかわからなければ遠慮なく申し付けください。

ご祈祷は完全予約制にて執り行います。

事前にご連絡頂ますようお願い致します。

 

子授け・安産祈願はボタンを押してください。


祈祷の流れ


まずはお電話又はメールにてお問合せ下さい。

日時を決定致します。

御札に祈願名、願主名記入します。

※祈願名はわからなければこちらから説明致します。

当日は開式20分前を目安にお越しください。

 

祈祷料について

個人の場合 ※複数人の場合は合計での金額でお勤めをさせていただきます。

  5000円  (木札、祈願のみ)

10000円  (木札、個別守り、略祈祷)

20000円~ (木札、個別守り、本祈祷)

月間、年間祈願 ※毎朝の読経の時に神仏の守護を得られるようにお名前と祈願をお読み上げいたします。

一月につき3000円 年間30000円でございます。

※特別な事情(憑き物など)のある方は改めてのご相談となります。

 

企業の場合

10000円   (木札(大)、祈願のみ)

30000円 (木札(大)、略祈祷)

50000円~(木札(特)、祈祷)

※会社にてお祓いをする場合は別途ご相談をお願い致します。

 

日蓮宗木剣加持祈祷とは


日蓮宗では千葉県市川市にあります中山法華経寺の中にある大荒行堂において11月1日から2月10日までの100日間極限まで命を削り行を修めます。

 

『自身 仏にならずして父母をだにも救い難し 況や他人をや』

 

他人を救う為には自身が仏になる覚悟が必要です。

そのために朝は3時から夜12時までに7回水を被り、その間は読経三昧の苦行、忍苦を貫きその中で人の為になる力が蓄積されます。

その修行の中で木剣加持祈祷が行えるようになるのです。

 

当山住職もこの荒行を終えており、その功徳は疑いがありません。

日蓮聖人は遺されたお手紙の中で次のように仰っております。

 

『それにつけても法華経の行者は信心に退転なく

身に詐心なく一切法華経にその身を任せば後生は申すに及ばず

今生も息災延命にして勝妙の大果報を得て

広宣流布の大願をも成就すべきなり』

 

『心から信じる気持ち』

 

『お題目を唱える気持ち』

 

『慢心せず引き続き精進する気持ち』

 

が何よりも大切でございます。

ご祈祷に関しまして


Qお供物は必要ですか?

Aいいえ、特に必要ございません

 

Qお札はもらえますか?

Aはい、紙の御札、木の御札をご用意しております。都合により御札をご自宅でお祀り出来ない方にはお守りを授与致します。お申込の際におっしゃってください。

 

Qよそのお寺、宗派でも可能ですか?

A宗派問わず受付けております。

 

Qプライバシーは大丈夫ですか?

A予約制ですので、他所の方はおりません。また、どこかにお話をするということもございません。

 

Q突然でも可能ですか?

A予定がなければ可能ですが、原則予約優先でございます。お手数ですがご連絡ください。

  

Q再びお参りに来てもいいですか?

A是非ともお参りなさってください。お参りに来てお線香を上げていただき、手を合わせていただくだけでしたらお布施などは一切頂戴しておりません。

 

Q一定期間の読上げ祈願をしていますか?

Aはい、朝のお勤めの際に行っております。

 

 

Qその後の事で相談に来てもいいですか?

Aどうぞお越しになってください。可能な限り応対させていただきます。